« 平日のお休みがホントのGW | Main | 母の日は赤いバラ »

May 08, 2010

第9地区:映画 B級SF映画というけれど…(ネタバレあり)

D9  好きな俳優さんが出ていないので見ないつもりだったのだけど、B級SF映画の王道! っと感想を寄せている人がいたので見てしまった。

 面白かったぁ! 確かに低予算のB級映画かもしれない。だけど、栄養失調の宇宙難民エイリアンが地球にやってきて、難民キャンプで20年も暮らす…なんていう設定はこれまであっただろうか。面白いよ。(ただし武器でばんばん殺しあうシーンはいただけない…。)

 エイリアン達を強制的に別のキャンプに移動させるための責任者になった主人公の異様なハイテンションが気になるのだけど、キモイ姿のエイリアン達が最後にはナンカかわいく見えてくる。

 人間達の方がよっぽど醜いよねって思えてくる。子供エイリアンも姿は大人と同じようにキモイのだけど、だんだんとかわいく思えてくる。姿形というのは慣れなのか。しかし本当に後3年したら彼らは戻ってくるのだろうか。

 そうすると往復で3年(3光年?)の距離にある7つの衛星を持つ惑星から来たということになる。どこだ。彼らがなぜ地球に来たのかは分からないけれど、いい地球人もいるのだから友好的な気持ちで来て欲しい。

|

« 平日のお休みがホントのGW | Main | 母の日は赤いバラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 平日のお休みがホントのGW | Main | 母の日は赤いバラ »