« July 2010 | Main | September 2010 »

August 29, 2010

MacBook Proに移行中です

 IBMのデスクトップが壊れて以来、同じくIBMのThinkPadノートを使っていたのだけど、夫のお下がりのMacBook Proに移行中です。

 MACはいいのだけど、キータッチがなんとなく違う。ショートカットキーによく使う「contol」キーなんかもどうも違っていてまだまだ使い勝手が悪い。

 だけど長年のウィンドウズユーザーからマックユーザーにとうとう変わるのかと思うとなんか嬉しいぞ。とは言え会社ではウィンドウズだから両刀使いになるのだけどね。Mac かわいい、画面がきれい…。

| | Comments (0)

August 28, 2010

ドイトでしおれていたポーチュラカ、生き返ったよ。

Hana2   ゴーヤーの苗を近所のドイトに買いに行ったときに、一緒に買ったポーチュラカ。屋外でぐったりしていて、1つ50円で売られていた。

Hana1 スベリヒユ科のこの花は日差しに強い。きっとウチのベランダで私でも育てられる! そう確信して、これまたぐったりしていたゴーヤーと共に4つ購入。

 ベランダにころがっていた鉢に植え替えて、ゴーヤーと一緒に水遣りの日々。よしよし、ゴーヤーに負けず元気に育っている。だけど、花が少ないな。花用の肥料不足だろうか…。

 ゴーヤーも収穫間近。(奥の方がポーチュラカ)

| | Comments (0)

August 27, 2010

ルーベンスのケーキで癒し…

Cake  昨日は給与日だったなぁ…。最近会社の給与明細が会社のイントラから見られるようになって明細書が来なくなった。

 そうでなくても給与日の存在を忘れがちなのに、紙もこないと更に忘れる。先月は、給与明細を見るのを忘れ、見ようと思った時にはもう見える期限が過ぎていた…。

 よぉし、今月はちゃんと見るゾ! っと気合を入れてみたけれど、見たからといって増えているわけでない…。当たり前か。

 それでも一応、ささやかな喜びとしてケーキを購入。しかし残業後の時間なので目当てのケーキは売り切れだった。でも、今日も1個おまけしてもらった。桃のババロア。おいしゅうございました。

 「ケーキだよぉ。」、「ボク、2こ食べる!」、「ガクちゃん、4-2は?」、「2! お兄ちゃんとおかーさんは1個ずつでしょ!」、「…。」

| | Comments (0)

August 25, 2010

ゴーヤーにゴーヤーの実なる

Goya2  花はいっぱい咲いているのに実は一つだけ。ありゃりゃ、本当に蜂がいなくなっているのかしらん。

 手で受粉させるのもめんどうだなぁ。でもよくよく探すともう一つ発見! チビゴーヤーだから3つくらいならないとチャンプルーに出来ないよ。

| | Comments (0)

August 24, 2010

久々の名古屋で味噌カツ弁当

Higasiyamasen  なんか随分久しぶりに仕事で名古屋へ。仕事でも名古屋に行くのは嬉しいなぁ。小学生までいた土地なので懐かしい。もう少し足を延ばして、知多半島の方までいけるといいのだが。

 さらに久々の名鉄東山線に乗る。パノラマカーにも乗りたかったなぁ。監禁状態の仕事が終わり、お土産に 「ういろう」 を購入。

Misokatu 新幹線に乗り込む前に駅弁を購入。散々迷って 「味噌カツ弁当」 850円を選ぶ。なかなか当たり! ちょい甘めの味噌が美味しい。

 朝5時半に家を出て、帰宅は10時…。でも、まぁいいっか。久々だったし。 

|

August 20, 2010

ゴーヤーにゴーヤーの花咲く

Goya  今年はゴーヤーを植えるのが遅くなった。もう今年はやめようかなぁ…、っと思っていたのだけどドイトでしおれていたゴーヤーを見つけて購入。種からだともう遅いけど苗ならいけるかも…。

 毎日水をやるとぐんぐん元気になってツルが伸びる。そうしてようやく花が咲いた。今年は遅かったから実はならないかなぁ…。

 

| | Comments (0)

August 19, 2010

ソルト:映画  ネタバレあり

Eiga_salt  アンジェリーナ・ジョリー好きなので見た1本。金髪のアンジェリーナは 『ブロンド・ライフ』 以来かな。

 いやいやアクションはすごいのだけど、イマイチよく理解できなかった。二重スパイのソルトが、夫の真の愛情に触れて子供時代からの洗脳が解けて改心していく…っということなのだろうけど。

 そんなに簡単に洗脳は解けるのだろうか。蜘蛛研究者のダンナがなんか気の毒だったし、ソルトの情報をリークした理由もイマイチ分からなかった。リークしない方が、任務は遂行しやすかったように思うけどなぁ。

 ジェームズ・ボンドやボーンと張り合えるような女性版のスパイものにしたかったらしい。うーん、どうだかなぁ…。

 個人的には、ソルトが夫に蜘蛛を指して 「虫をテーブルからどかして。」 っと言うのに対して、「虫じゃないよ、蜘蛛だよ。」 っと言い返すところが地味に好きだ。蜘蛛は虫じゃない! ってつい言いたいよね…。(えっ! 言いたくない?)

| | Comments (0)

August 18, 2010

パソコンのお掃除

Koujicyuu  ここ数日、長男シュンと共同で使っているパソコンが遅い。特にブログに絵を貼ろうとすると固まってしまったり、メールの読み込みさえ遅い。

 ハードディスクの容量を見ると残りが1.6Gしかない。これか? っと思っていらなそうな絵を削除したり、古いデータを圧縮したりしたが空き容量に変化がない。

 夫になんとかしてもらおうと思って窮状を訴えた。そうして Cドライブをあれこれみて、いらなそうで容量の大きいファイルを次々に消してもらっていると…。

 それまでギターを弾いていたシュンがやってきた。「なんだ? 興味があるのか?」っと夫。「あぁ、うん、まぁ…。」 っと言ったなりパソコンのそばから離れないシュン。

 「あなたのメイドさんの絵とかが、容量くってるんじゃない? 変な動画とかさぁ。」 っと私。「あぁ、いやぁ、まぁ、フツーにあると思うよ。消し方教えてくれたらオレ自分で消すからさぁ。」

 よっぽど見られてはマズイファイルがあるのだろう。だんだん、彼はあせった表情になっている。「中は見ないで消しとくからギターの練習続ければ?」、「あぁ、いや、オレ自分で消すし…。」

 夜な夜なネットを見ているシュンは相当、心当たりがあるらしい。年頃だからいいけど、ファイルは整理しておこうよね。

| | Comments (0)

August 17, 2010

自然治療所に駆け込み…

Koujicyuu_2  3ヶ月くらい、埼玉県谷塚にある 「自然治療所」 というマッサージのお店に行ってない。歯医者に行ったり、なんとなく忙しかったりしたから…。

 それに自分で腕をぐるぐる回したり、柔軟体操をしたりすると案外、肩こりも治るものだ。しかし、とうとう肩こりから首が痛くなり、目も疲れるようになった。これではいけない…。

 久々に 「自然治療所」に電話して2時に予約を入れる。30分前に着いて足湯に浸ると汗が出てくる。そうして準備が出来た状態で1時間のマッサージ。

 「久しぶりですねぇ。今日はどうしました?」、「肩が痛くて、それに目も疲れて…。」、「あらあら…。」 仰向けになって足の裏からごりごり…。痛いが気持ちいい。

 あー、2時間くらいこうしていたいなぁ。「ちょっと間を空け過ぎね。ここの神経が通っているところを自分で毎日押すといいですよ。そうとう固まってますから…。」、「ここですかぁ。」

  腕の付け根と鎖骨の下あたりだ。ここが柔らかい人がいるのか? っと疑うくらい私は固い。だいぶ肩が楽になったし、目の奥の疲れも取れてきた。もっと早く行けばよかった・・・。

| | Comments (0)

August 16, 2010

ベスト・キッド:映画 ジャッキー・チェン 今度こそ!

Eiga_bestkid  この間、ジャッキー・チェンの 『ダブルミッション』 がつまんなくてショックだった。でもこれはきっといいでしょう。この企画と配役で面白くなかったら…。

 よかったよぉ! 面白い! 2時間20分という長い映画なのだけどよかった。主役はウィル・スミスの息子、ジェイデン・スミス、彼にカンフーを教える師匠役がジャッキー・チェン。

 配役もいいけど舞台を中国にしたのが現代風だし、思いっきり世界遺産紹介的な映像になっているのもいい。中国行きたいなぁ…って気にさせる。

 だいたい ”万里の長城” でカンフーの訓練なんかするか? フツー。 観光客いっぱいで練習なんか出来ないでしょう。どう考えても…。

  最近のジャッキー・チェン映画の中では一番良かったと思うし、ジェイデンくんは表情が豊かで楽しい。泣き顔なんてホントにこっちも泣けてくるし、ふざけた顔もまたかわいい。

 設定もデトロイトから中国に転勤なんて、アメリカでの自動車産業の斜陽を反映しているけど、原題が 『カラテキッド』 なのに舞台が日本ではないことも、これまた時代を反映している。

 オリジナルの84年の頃に比べると、2010年の日本はアジアの小国に過ぎなくなってしまったんだな…。しみじみ。

| | Comments (0)

August 15, 2010

漏斗胸(ろうときょう)で定期健診、外来は独立するの?

Dscf0123_1jpg  「窓口1番て、ここだったんだね。」、「診察室が変わったんだ。”漏斗胸外来” って書いてある。」、「でも紙が貼ってあるだけだけどね…。」

 いつもは形成外科の診察室のひとつに呼ばれるのだが、今回は扉に「形成外来の方はこちらでお呼びします。」 っと書いてある。

 「来年診察に来たら ”漏斗胸外来” が出来てるんじゃない?」、「いやいや、そんな特殊な…。」 っと長男シュン。でも、ここ(東京女子医大)はないけど、他の病院には漏斗胸外来があるヨ、と言うと驚いていた。

 「確かにオレの友達にもいるし、中学時代にも1人いたよ。」、「お母さんの勤務先の息子さんにもいるし、アナタの保育園時代の子もいたよ。」 、「へぇ…。案外、多いんだな。オレは成功例かな。」

 そうかもしれないね。「だけど手術した後は相当痛いよ。」、「それは、痛み止めの麻薬が合わなかったせいもあるけどね。脊髄麻酔にすればそうでもなかったかも。」、「それにバーを抜くまでは激しく動くと痛かったし…。」、「けっこう、苦労してるじゃん。」、「まぁね。」

 会計で支払い手続きをする。CTスキャンと写真撮影、診断で4,620円だ。検査代はかかるけど、再診料はそのうちの210円だ。いいのかな、この安さ。さて、また来年検診がある。来年はヤツは1人で行くのかな、きっとそうだろうな…。

| | Comments (0)

August 14, 2010

漏斗胸(ろうときょう)で定期健診、抜去手術から1年…

Tyounan  早い、去年の夏に3年間胸に入れていた金属のバーを抜いたのだけど、あれから1年経った。「CTスキャンするのかな。」、「うん、予約入ってるよ。」、「面倒なんだよね、CTは…。」、「そうなんだ。」

 病院に少し早く着いて検査したのに、結局名前を呼ばれたのは予約時間から1時間以上経過していた…。これさえ、無きゃね…。

 「はい、こんにちは。もう1年ですかぁ、早いですね。受験生か。受験勉強してる?」、「はい!」、「…。(ギターの練習が受験勉強だもんね…。)」

 手術前の胸の輪切り写真と抜去直後の写真、抜いて3ヶ月後の写真、そして1年後の今日の写真を画面で見る。

 「いいですねぇ。抜いた直後も、今も変化ないですね。いいですねぇ。」 なんとなく今日のが一番胸が平らに近くなっている気がするので、そう言うと、「このくらいの差だと画像の差によるものですから、いいとは言えないですけど、きれいな楕円に近くなっていると更に円がきれいになるという仮説もあるんですよ。」 っと言う。ほうほう…。

 まぁ、順調ということだな。よかった、よかった。「腹減った…。」、「食べたいもの考えておいて!」、「やっぱ、ラーメンかな。」 安上がりで結構、結構。

| | Comments (0)

August 13, 2010

HAPPY POWER STONE カレン族のアクセサリー

Karen  よく行く 「西新井アリオ」 に石を使ったアクセサリーのお店がある。石が好きなので見ているとついつい、買ってしまうのだが…。まぁ、そんなに高い物ではないし、樹脂と違って石はひんやりするので夏場は気持ちいい。

 またしても映画の上映時間までの時間潰しにお店(STONE MARKET) をのぞいていると、「カレン族」と一緒に作りました…っというブレスレットを紹介された。

 全額、カレン族に寄付され学校などを作る費用になるのだと言う。そうか、そういうことなら…っと一つ購入。

 レッドコーラルというサンゴのようなものだという。”あらゆる生物が生まれ、育ち、生きている海のエネルギーを吸収している、繁栄のパワーストーンといわれています。新しいことを生み出したり、大きく発展させようという目標がある人にオススメします” っとある。

 こんなアクセサリーお好きな方はどうでしょうか…。

| | Comments (0)

August 12, 2010

美しい夏 カノヤへ、ガク再び

Hikouki  6泊7日の鹿沼キャンプから帰ったばかりだと言うのに、次男ガクは今度は鹿児島の鹿屋へ、1週間の1人旅。

 ほぼ毎年、夫のお姉さんのところにお世話になっている。去年は部活で忙しかったので2年ぶりのハズだったのだけど、先日、ガクのおじいちゃんが亡くなって葬儀にかけつけたので今年2度目のカノヤ。

 羽田空港までガクを送ったのだけど、途中、渋滞でバスが遅れたり、通勤ラッシュの時間で電車も遅かったりして思いがけなく時間がかかってしまった。

 空港に着くと、”間もなく搭乗手続きは終了します” っと表示が出ている。こりゃマズイ! 係りのお姉さんを探しているうちに、”搭乗手続きは終了しました” っと出てしまった。本格的にマズイ!

 「すみません、遅れてしまって、手続きお願いします!」 っと裏口から案内のお姉さんに手続きしてもらう。ついでに 「あの、見送りに中まで入りたいのですけど…。」 っとオバサンらしくずーずーしく頼む。

 しかし、保安検査を通るとなんと目の前の搭乗口が鹿児島行きだった。これなら中まで見送らなくても大丈夫だったな。その上、滑走路も渋滞のせいか離陸は30分近く遅れた。はぁ、よかった、間に合って…。

 「もうさぁ、おかーさん、いいよ、いなくても。」、「えっ、せっかく中まで来たんだから、もう少しいさせてよ。」、「別にいいけど…。」 飛行機に乗り込むガクに手を振る。一応、振り向いて手を振ってくれた。よぉーし、今年もいっぱい遊んでおいで!

| | Comments (0)

August 11, 2010

猫は生きている:本 作:早乙女勝本、絵:田島征三

Hon_nekohaikiteiru  「おかーさん、”猫は生きている” っていう本を借りてほしいんだけど。」 っと次男ガクがいう。 夏休みの宿題 読書感想文用かな…っと思って調べると絵本だ。中2で絵本はまずいでしょう…。

 しかしよくよく聞いてみると宿題ではなくて、9月にある文化祭用に読んでおくようにと言われたとのこと。そうか…。

 しかし絵本とはいえ頁数も多いし、内容も充実している。昭和20年3月10日の東京大空襲を題材にしたものだ。

 作者は足立区出身。空襲の場所も東京の東側が多いので足立区はまぬがれているものの馴染みの地域だ。こんな下町の地区によくもこんなに焼夷弾を落として町を焼き尽くしてくれたものだと思う。

 そういう話を猫の一家を交えて、子供向けに作られている。しかし、子供向けだけとは思えない。それで中学の文化祭でも取り上げるのだろう。ガクは舞台背景の絵でも担当するのだろうか。重い絵だけどしっかり書いて欲しいな。

| | Comments (2)

August 10, 2010

ネオニコチノイド系の農薬って?

Twatch  個人会員になっているTウォッチの定期通信を読んでいると、「ネオニコチノイド」のことが書いてあった。

 なにそれ? って感じでしょうけど、ミツバチが大量に死んでしまったことなら聞いたことがある人もいるのでは? ミツバチがいなくなってしまうと、植物が実りませんね。大問題。

 その原因の一つが、この 「ネオニコチノイド系の農薬」 らしい。 この有機リン系農薬にはミツバツは察知する能力があり、この場所を避けているが避け切れなかったミツバチが死んでしまった、という。

 うーん、蜂は怖いのだけど、ミツバチの役割を考えるとそうもいっておれないな。日本だけではなくて、世界各国で同じようにミツバチの大量死が報告されている。

 ウチのベランダに今年もゴーヤーを植えた。今年は植えるのが遅くて未だ花が咲かない。咲いたらミツバチよ、ウチにも来ておくれ…。

| | Comments (0)

August 09, 2010

インセプション:映画 傑作だぁ! 私好み…

Eiga_inceptio_3   予告で街が90度折れ曲がった映像をみただけで見たくて仕方がなかった 『インセプション』。だけど、実際見ると90度なんてもんじゃなかった180度だ。

 それはともかく、よかったよ、『インセプション』。私的には、これまで見た映画の中で一番では? っと思えるくらいによかった。夢に入り込んで記憶を植えつけたり、その夢がまた階層が分かれていたり。

 アイデアもすごいけど見せ方、映像もすごい。CGはできるだけ使わないようにしていたらしいが、それだからこそ映像に深みがあるように思う。

 その上、好きな俳優さんがそろった。ディカプリオはそんなに好きでもないけれど、渡辺謙もいいし、ディカプリオの奥さん役のマリオン・コティヤール、そのお父さん役のマイケル・ケインも出ている。

 一瞬、ホラーっぽく感じるくらいに夢の中の出来事は怖い。ホント、うなされそう。ディカプリオの相棒役、ジョセフ・ゴードン=レヴィッドもよかったなぁ。ディカプリオより見せ場が多いくらいだ。

 ラストもよかった。夢か現実かを判断するトーテムのこま。えっ、まさか、ここで終わる? っと思うと、そのまさかな終わり方。すごいな。もう1回、映画館でみたい。

| | Comments (0)

August 08, 2010

足立区の鹿沼研修センターから無事帰還

Gaku_kikan  次男ガクが栃木県の鹿沼から帰ってきた。6泊7日の足立区で主催しているリーダー研修会だ。

 ガクがいない間は家が静かだった。長男シュンも、「最近、ガク、地味に家にいないね。」っという。地味にって…。

 荷物が多いので迎えに行くと案外元気そうに帰ってきた。でも健康チェック記録をみると、キャンプ翌日37.1℃の熱が出て頭痛があったらしい。軽い熱中症ってとこかな…。

 小学生の面倒をみながらのキャンプだから、多少は気を使ったりうまくいかなかったりしたこともあるのだろうけど、とにかく無事に帰ってきた。

 「おかーさん、マックに行きたい。カフェオレ飲みたい。」 はい、はい了解です。「それからケータイで写真撮ったぶんだけ、缶コーヒー買ってね。オロナミンCでもいいから。」 へーい…。

| | Comments (0)

August 05, 2010

じゃがポックル、六花亭バターサンド、ルタオのチーズケーキ

Sapporomiyage  夫が札幌に出張に行ってきた。「お土産にルタオのチーズケーキね!」 っと頼んでおいた。美味しいのだ。新千歳空港で買える。

 しかし夫が帰宅した日、私は一日中、気の張るお客の対応をしながら工場を回っていたので、疲れと眠気に勝てずに先に寝てしまった…。

 朝起きると、じゃがポックル、六花亭バターサンド、ルタオのチーズケーキがお土産にある! じゃがポックルは食べたことないけどお勧めのお土産にランキングされている。

 六花亭バターサンドもある! うれしいなぁ。後1日会社に行けば夏休みで9連休。よぉし、頑張ろう…。

| | Comments (0)

August 04, 2010

魚政のうなぎで夏を乗り切る!

Uomasa2  長男シュンのギター発表会の帰り、夫がうなぎでも食べに行こうか…、っと言う。「うん、いいね。行こう!」

 西新井か竹ノ塚かと思っていると、「四ツ木に美味しいところがあるらしいよ。魚政 だって。」、「えっ? 四ツ木って、四ツ木インターの四ツ木?」、「そう、それ。」、「…。」 

 ウチから小1時間かかる。それでも ”うな重 4000円 おごり” に負けていそいそと出かけるのであった。

Uomasa3  なんとか予約したものの1階の席しかあいておらず、出入り口でせわしない状態で待つことしばし。その間にもひっきりなしに予約客が来る。後半は断っている状態。いやはやすごい人気だ。

 食べたかったブランドうなぎの坂東太郎は売り切れだったので、宮崎産のうなぎにする。最近、宮崎は大変なのでこういう形ででも応援したい。

 しかし、おいしいなぁ。上野の伊豆栄のうなぎも美味しいが、ここもいい。うなぎの蒲焼も美味しいけど肝もいい味だ。お吸い物のミョウガもさわやか。夫は今度は2階席で落ち着いて食べたいと言う。はい、喜んでお供します…。

| | Comments (0)

August 03, 2010

借りぐらしのアリエッティー:映画

Eiga_karigurasi  最近、次男ガクが一緒に映画に行ってくれる。今度は 『借りぐらしのアリエッティー』 。ご存知 宮崎さんアニメ。

 この映画がCMで流れると長男シュンが、「これってコロボックルの話し?」 っと何度も言う。「そうだね、コロボックルと同じだと思うよ。」 っとなにげに答える私。

 しかし、私はシュンは小さい頃に近所の公園かどこかでコロボックルを見たに違いない…っと思っている。ヤツは小さい頃にオシロイバナの種を集めるのが好きで、公園に行くと飽きずに集めていた。

 その時に、きっとコロボックルを見たのだと思うのだ。そんなばかな…っと思うことなかれ。本当にそうだと思う。

 アリエッティー達は人間の暮らしから少しずつ何かを借りて平和に暮らしている。そういう映画なのだけど、なんとなく消化不良で終わっているように思う。

 もう少しラストは幸せ満載で終わって欲しかったなぁ。

| | Comments (0)

August 02, 2010

キャナリーギター教室で発表会…

Dscf0128_2    今年も長男シュンが習っているギター教室で発表会があった。東京 町屋のムーブホールというなかなかいいところで発表会があるのだが…。

 今年も演者とその家族というまばらな客席。シュンは押尾コータローの曲と応援で、女の子のバックでエレキギターを弾く。

 「去年は緊張して指がふるえてうまく弾けなかったから今年はストロークの多い曲にしたよ…。」 とシュン。

 そう言っていたもののなんとかこなしていた。が、テンポが速い! もっと落ち着かなきゃ…っとハラハラして聴いていた。「なかなか良かったよ!」、「やっぱ、緊張したよぉ…。」 だって。

| | Comments (0)

August 01, 2010

ジュニアリーダー研修キャンプへ出発!

Gaku_kyanp  次男ガクが6泊7日のキャンプに行ってしまった。これは足立区の 「ジュニアリーダー研修」 に参加している人を対象に行うキャンプだ。

 3泊4日のコースもあるが、ガクには6泊7日のコースを勧めた。夏休みと言っても私も夫も仕事なので、こういう泊まりのキャンプはありがたい!

 しかも参加費用は1万8000円なのだ! 交通費、宿泊費、食費と保険がついて、この値段はありがたい。

 しかし6泊7日となると荷物が多い。夫の登山用のリュックに寝袋と着替え、お弁当、水筒などなどを入れると身長の半分くらいが荷物になる。

 「こんな重いのしょえるかなぁ。」、「大丈夫だよ、集合場所までタクシーで送るし、後は電車でしょ。」、「うん…。」

 タクシーで送られるのは喜んでいたくせに、集合場所に到着すると、「いつまでいるの?」 っと言う。いいじゃない、出発するまで見届けさせてよ!

 小学生も参加するキャンプなので中学生のガクは班長だ。班長特典の腕時計を渡されると嬉しそう。よーし、元気で行ってこいよ、ガク!

| | Comments (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »