« 猫は生きている:本 作:早乙女勝本、絵:田島征三 | Main | HAPPY POWER STONE カレン族のアクセサリー »

August 12, 2010

美しい夏 カノヤへ、ガク再び

Hikouki  6泊7日の鹿沼キャンプから帰ったばかりだと言うのに、次男ガクは今度は鹿児島の鹿屋へ、1週間の1人旅。

 ほぼ毎年、夫のお姉さんのところにお世話になっている。去年は部活で忙しかったので2年ぶりのハズだったのだけど、先日、ガクのおじいちゃんが亡くなって葬儀にかけつけたので今年2度目のカノヤ。

 羽田空港までガクを送ったのだけど、途中、渋滞でバスが遅れたり、通勤ラッシュの時間で電車も遅かったりして思いがけなく時間がかかってしまった。

 空港に着くと、”間もなく搭乗手続きは終了します” っと表示が出ている。こりゃマズイ! 係りのお姉さんを探しているうちに、”搭乗手続きは終了しました” っと出てしまった。本格的にマズイ!

 「すみません、遅れてしまって、手続きお願いします!」 っと裏口から案内のお姉さんに手続きしてもらう。ついでに 「あの、見送りに中まで入りたいのですけど…。」 っとオバサンらしくずーずーしく頼む。

 しかし、保安検査を通るとなんと目の前の搭乗口が鹿児島行きだった。これなら中まで見送らなくても大丈夫だったな。その上、滑走路も渋滞のせいか離陸は30分近く遅れた。はぁ、よかった、間に合って…。

 「もうさぁ、おかーさん、いいよ、いなくても。」、「えっ、せっかく中まで来たんだから、もう少しいさせてよ。」、「別にいいけど…。」 飛行機に乗り込むガクに手を振る。一応、振り向いて手を振ってくれた。よぉーし、今年もいっぱい遊んでおいで!

|

« 猫は生きている:本 作:早乙女勝本、絵:田島征三 | Main | HAPPY POWER STONE カレン族のアクセサリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 猫は生きている:本 作:早乙女勝本、絵:田島征三 | Main | HAPPY POWER STONE カレン族のアクセサリー »