« 塾の個人面談を忘れてしまった… | Main | EVタクシー再び »

November 09, 2010

文化祭で 『猫は生きている』 の演劇

Hon_nekohaikiteiru  次男ガクの文化祭に行ってきました。2年生の出し物は演劇、『猫は生きている』。東京大空襲を題材にした絵本の演劇版だ。

 ガクは背景の絵を担当した。「絵って言ってもどこの絵?」、「3枚目の絵だよ。」、「ふーん。」 よくわからないまま学校の体育館へ。しかし朝、早いせいか思ったほど体育館はいっぱいではなかった。

 前の方のいい席をゲット。劇が始まる。舞台背景の絵は、原画と同じではないが、イメージどおり。これだけでなんとなく涙腺がゆるくなる。心に迫る絵なのだ。

 原作では焼夷弾が背中にささって死んでしまう妹のミツコが舞台に登場すると、またもや涙腺がゆるむ。劇ではさすがに刺激が強いせいか、背中にささるような演出はなかった。

 子供を背負って逃げるお母さん、子供を守れなかったことを謝るセリフにまたしても涙腺が…。

 中学生の演劇でここまで迫ってくるとは思わなかった。思いっきり拍手をした。いい文化祭じゃないか!

|

« 塾の個人面談を忘れてしまった… | Main | EVタクシー再び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 塾の個人面談を忘れてしまった… | Main | EVタクシー再び »