« 7つの習慣:書籍 スティーブ・R・コヴィー | Main | 相棒:映画 実は及川光博も好きだったりする »

December 28, 2010

トロン_レガシー:映画 3Dだもんね

Eiga_tron  やたらと予告に力を入れていた映画。そういう場合、結構、空振りすることがある。しかし、プログラム物だし、3Dだし見たいと思うのがフツー?

 次男ガクが見に行きたい! っと言うので一緒に映画デート。最近の映画デートは子供とばかりなのだ。

 しかししかし、途中で眠くなってしまった。プログラムに閉じ込められた父親を子供が助けにいく…。予告からするとそういう内容。そっ、それが…なんと2時間続くのだ。

 うーん、映像が3Dという他に何かぐぐっとくるものはないのか! ISOと呼ばれるプログラムの出現が新しく少し胸がときめいたのだ案外さらっと流される。

 一番よかったのは、キャスター(謎のクラブオーナー)かなぁ。コミカルな動きがいいよ。80年代のアイデアに映像だけCG満載の3Dになっても面白さは半分以下だと思うなぁ。

 プログラムの世界と現実の世界をもっと繋げて、お互いに影響しあっているようにすると、プログラムの世界のことがもっと現実味を帯びたと思うのだが…。

|

« 7つの習慣:書籍 スティーブ・R・コヴィー | Main | 相棒:映画 実は及川光博も好きだったりする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 7つの習慣:書籍 スティーブ・R・コヴィー | Main | 相棒:映画 実は及川光博も好きだったりする »