« ソーシャル・ネットワーク:映画 監督はデヴィット・フィンチャー | Main | エコキャップ推進協会にPETボトルのフタを送ろう! »

January 26, 2011

LEDに変えてみたけど、なんだか暗い…

Led2  洗面所の明かりを口金付きの蛍光灯からLEDに変えた当初は、点灯してすぐ明るいのでいいなぁ…っと思った。だけどなんだか暗い気がする。

 下方向にまっすぐ強い光が降りるので天井が暗いし、光が強いせいか陰が濃くなったように思う。鏡に映る我が顔にぎょっとしたりして…。

 結局、鏡についている蛍光灯も点けることになる。そうすると光が双方向から当たり、いい感じになる。でも白色系にしたせいか、LEDは熱を持たないせいかウスラ寒く感じる。

 そこで今度は玄関用に暖色系のLEDを購入してみた。こちらも口金付きの蛍光灯に変えてから、明るくなるまでに時間がかかりイマイチだった。

 LEDに変えてみると…、やっぱりすぐに明るくていい! だけど、光がまっすぐ下に降りて暗い気がする。でもLEDは付けたり消したりしても寿命はそんなに変わらないというから、必要なときだけぱっと点ける玄関にはいいのかもしれない。

 だけど暖色系の割にはウスラ寒い感じがする。省エネではないけれど、白熱球の明かりは柔らかくてよかったなぁ…。

|

« ソーシャル・ネットワーク:映画 監督はデヴィット・フィンチャー | Main | エコキャップ推進協会にPETボトルのフタを送ろう! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ソーシャル・ネットワーク:映画 監督はデヴィット・フィンチャー | Main | エコキャップ推進協会にPETボトルのフタを送ろう! »