« アンストッパブル:映画 めあてはデンゼル・ワシントン | Main | 親知らずを抜くのは一大事ではないのか… »

January 14, 2011

私はそんなに疲れた顔をしているのか…

Gaku  次男ガクを連れて、耳鼻科と皮膚科をハシゴ。これで貴重な平日の休みが半分終わってしまった…。皮膚科は巻き爪の治療と引っかいてひどくなってしまった頭皮の治療。耳鼻科はアレルギー性鼻炎の薬をもらいに…。

 ここの先生はいつも穏やかだけどきびきびと診察され、目がとても優しい先生だ。長男もガクもずっとこの先生に診ていただいてきた。

 「どうですか、お母さん。よくなっているようですか?」、「そうですね、鼻はだんだんとおってきているようですが、そんなにスッキリ治っているようでもないです。」、「そうですか、イビキはどうですか? ひどくないですか?」。 するとガクがちらりと私を見る。

 「イビキはないです。むしろ私の方がイビキうるさいって言われます…。」、「ははは、お母さんの場合は疲れがたまってるからですね!」 っときっぱり。

 えええぇっ! 私は診察を受けていないのに顔だけ見てなんで断言? 顔色かなぁ、お肌のやつれかなぁ、はたまた目の下のクマかな(クマは小学生の頃からだもんね!)。

 今度、ガクを連れて来たときに私も診察を受けようかな。でもなんて言おう。「イビキがひどいんです!」 かな、やっぱ。

|

« アンストッパブル:映画 めあてはデンゼル・ワシントン | Main | 親知らずを抜くのは一大事ではないのか… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アンストッパブル:映画 めあてはデンゼル・ワシントン | Main | 親知らずを抜くのは一大事ではないのか… »