« 西新井大師って由緒正しかったのね… | Main | ラビットクリニックの正体がわかってスッキリ! »

January 09, 2011

親知らずを抜いたという貴重な経験

Koujicyuu  書初めで 「貴重な経験」 という字を書いた。早速、貴重な経験をした。それが人生初の抜歯!

 斜めに少しだけ生えて隣の歯とぶつかっており、若干虫歯っぽくなっている親知らず。これを少し切開して抜くことになった。歯を抜くのは46年間生きてきて初めて! 子供の頃に、薄暗い歯医者に通った経験から歯医者は大嫌いなのだ。

 出かける前も、長男シュンに意味不明のことをつぶやきバカにされた。そうして歯を抜いて、泣きたい気持ちで家に帰った。気分をハイにしようと思い、ジャッキー・チェンの 『タキシード』 をDVDで見る。

 麻酔が切れた2時間後、思ったほど痛くない。というか殆ど痛くない。「麻酔切れたのに痛くないんだけど。」、「そういうもんでしょ。」 っとシュン。「だってさぁ、歯を抜いたんだよ!」

 「あのねぇ、歯を抜いてそんな騒いでいたらさぁ、オレなんて死んでるよ。麻酔してわき腹切って、金属のバーを胸ん中に入れたんだよ! 」、「あっ…、そうでした。」

 「そうだよ、大騒ぎするほどじゃないでしょ。まったくぅ…。」、「はい…。」 確かにそうだけどさぁ、歯医者嫌いなんだもん…。

|

« 西新井大師って由緒正しかったのね… | Main | ラビットクリニックの正体がわかってスッキリ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 西新井大師って由緒正しかったのね… | Main | ラビットクリニックの正体がわかってスッキリ! »