« デュアルディスプレイにしてみた! | Main | LEDに変えてみたけど、なんだか暗い… »

January 25, 2011

ソーシャル・ネットワーク:映画 監督はデヴィット・フィンチャー

Eiga_sns  好きな俳優さんが出ていないので見ないつもりだったのだけど、賞をとったりして評判よさそうだし、監督がデヴィット・フィンチャーだったのでみてみることに。

 デヴィット・フィンチャーと言えば『セブン』、 『パニック・ルーム』 、『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』 などがある。特に『セブン』はよかったよね。

 これは、SNS(ソーシャルネットワーク)のフェイスブックをハーバード大学時代に立ち上げて、今や5億人の登録者がいるという巨大なIT世界の実話だ。世界最年少の億万長者…。いいなぁ…。

 主人公は彼女に振られてブログに悪口書いたり、新たな出会いを求めてSNSを作ったりする訳で、頭はいいけど人付き合いが出来なくて、ビル・ゲイツのようなカリスマ性や主人公としての魅力があるわけではない。

 でも映画を見ているうちにどんどん彼の作った空間に興味を持つ。そうしてあっと言う間にエンドクレジットが出る。もう少し先まで見ていたい気分。

 ストーリーは面白いのだけど映画としてはどうなんだろうか。主役よりも実物のマーク・ザッカーバーグの方がかっこいいし、ちょっと分かり難い話の展開だし…。だけど、気付けば2時間経っていたということは面白かったのだろうね。

 映画ではマークはソニーのバイオを使っていた。本当は何を使ってたのかな、気になる。ホントにソニーってことはないよね…。

|

« デュアルディスプレイにしてみた! | Main | LEDに変えてみたけど、なんだか暗い… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« デュアルディスプレイにしてみた! | Main | LEDに変えてみたけど、なんだか暗い… »