« via Saliceで家族揃ってイタメシ | Main | 桃の花かと思ったら桜でした、たぶん… »

March 02, 2011

英国王のスピーチ:映画 コリン・ファース…

Eiga_kingsspeedh  好きな俳優さんがそろった映画。英国王ジョージ6世役にコリン・ファース、その妻役はヘレナ・ボナム=カーター、王の吃音を指導する専門家にジェフェリー・ラッシュ、それに王の座よりも愛する人を選んだ兄役はガイ・ピース。

 離婚暦のあるシンプソン婦人と結婚するために国王の座を退いた兄の変わりに、国王になってしまったジョージ。でもジョージには幼い頃の経験と父親からの厳しい教育のためか吃音があり、人前で話をすることが苦手。何人もの専門家につくが効果はなく、やがて見つけた矯正の専門家は型破りの診療だった…。

 『ビッグ・フィッシュ』 、『ハリポタ』 、『アリスインワンダーランド』 、『スウィニートッド…』 、『チャーリーと…』 などなど印象的な役どころのおおいヘレナ。今回は明るく、しっかりとしており、夫を陰で支える妻役。いいねぇ、ヘレナはこういう役の方が好きだ。生まれもイギリスの上流階級らしいのではまりやくだったのかもしれない。

 『ブリジッド・ジョーンズ…』『ラブアクチュアリー』 など常にいい人役だし、そういう役がぴったりのコリン。今回はナント英国王。吃音のせいで自信をなくしているが本当は能力のある人なのだ。

 怒ったり泣いたりしながら少しずつ吃音を治していく姿がいいが、完全には治らないところがいいのだと思う。吃音も個性の一つとして、生涯大事に付き合っていくのではないかなぁ…。王族だけどそういう家族の姿を描いたいい映画だった。

|

« via Saliceで家族揃ってイタメシ | Main | 桃の花かと思ったら桜でした、たぶん… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« via Saliceで家族揃ってイタメシ | Main | 桃の花かと思ったら桜でした、たぶん… »