« ルイガノのクロスバイクで通学する? | Main | 西新井大師のぼたん祭り、GWまでもつか… »

April 24, 2011

歌丸さんとたい平さんの二人会

Rakugo  ずっと前に買ったチケットだけど とうとう公演の日が来た。もう4月も終わりなのね…。落語家さんの中には 「うまい人」、「面白い人」、「達者な人」 がいるようだけど、私はなかでも「うまい」部類の人が好きだ。

 今の落語家さんで言えば、やっぱりこの二人が 「うまい」部類かなぁ…と思う。その二人の会なのでとても楽しみにしていた。

 さて演目は たい平さんが「長短」で、歌丸さんが「竹の水仙」だった。どちらも初めて聞く話だった。ところが 「長短」 でお饅頭をゆったりゆったり食べているまさに見せ場のところで、ケータイが鳴る。まったくもう…。

 でも たい平さんは、演じながら 「電話がなってるよぉ…。人がまんじゅう食べてるところをみてるだけじゃぁ、退屈でしょう、電話出ていいですよぉ…。」 っと話を折らずに演じた。うまいなぁ…。立川談志だったら、話を止めて帰っちゃうところだよ…。

 歌丸さんの「竹の水仙」もよかった。左甚五郎の話だ。歌丸さんは、高座にあがり挨拶するときに、「夢にまでみた草加の皆様にお会いできて…」 っと必ずその地名を言う。私はそれを聞くのが密かな楽しみなのだ。絶妙の間合いはさすがだな。

 1年に1回か2回くらいは落語に行けると嬉しい。次はどこに誰を聞きにいけるだろうか…。 

|

« ルイガノのクロスバイクで通学する? | Main | 西新井大師のぼたん祭り、GWまでもつか… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ルイガノのクロスバイクで通学する? | Main | 西新井大師のぼたん祭り、GWまでもつか… »