« May 2011 | Main | July 2011 »

June 30, 2011

クレジットカードのショッピング枠の現金化でトラブル!

Koujicyuu_3  現金がなくてもクレジットカードがあれば欲しいものが買える。だけど現金が欲しい、でも借金はしたくない(できない)…っと言う人は狙われている!

 カードで10万相当の買い物をして、商品を買い取ってキャッシュバックとして8万円支払う…っという仕組み。でもね、カード会社への支払いはちゃんと残るのよ!

 消費者は自分は被害者…っと思いがちだけど、カードで買ったものは所有権はカード会社にある。まだ支払いが終わってないのに勝手に人に売ったらそれって横領…。

 買った商品はほとんど価値がないのだから、目先だけ現金が手に入っても支払いは残る…。支払いだけじゃなくて手数料もかかるとかなりの高金利になる。やめようね、こういうことは!

| | Comments (0)

June 29, 2011

鹿男あをによし:本 今度は奈良でありえないシリーズ

Hon_sikaotoko  映画 『プリンセス・トヨトミ』 を見たので原作者の万城目(まきめ)学さんの本をいくつか読んでみた。これはありえないシリーズの二つ目。一つ目は京都の 『鴨川ホルモー』。

 二つ目がこの 『鹿男あをによし』 で奈良。『プリンセス…』 は3番目の大阪の話だった。京都の 『鴨川…』 は子鬼を大学生同士が対決させる…っというありえない話。『鹿男は…』 は女子高の先生が奈良公園で鹿に話しかけられるありえない話だ。

 面白い…。地震の起こるわけや、人類の文明がいかに文字にたよっていたことがわかる。それにしても 万城目さんの本はさわやかな戦いのシーンがいい。今回も剣道で女子高生が戦うシーンは本当に手に汗握り、しかもさわやかなのだ。

 舞台が学校でしかも先生達をあだ名で書いているので、なんとなく夏目漱石の 『坊ちゃん』 を思い出した。するとちゃんと 『坊ちゃん』 の話が登場してニヤリ…っとさせられる。

 幻冬舎文庫で読み終わると解説欄は俳優の児玉清さんだった。先日、なくなった大好きな俳優さんだ。たいそうな読書家だったと追悼の記事で読んだ。

 こういう小説も楽しんで読んで解説まで書かれていた。文章も素晴らしい。小説と解説で二度楽しめた。是非、ありえないシリーズとして3冊まとめて読んでみて!

| | Comments (0)

June 28, 2011

誕生日ケーキで分かったこと…

Cake  「お父さんの誕生日ケーキ予約してあるから、6時に取りに行ってきて!」っと長男シュンに頼むと、案外素直に「おー、行ってきます。」 っと言う。

 出かける直前までパソコンの前にいたけれど、時間になると着替えて出て行った。すると、「びっくりしたよぉ。ケーキ屋の店長ってさぁ、オレがバイトしてるサンクスによくタバコ買いにくるんだよね。」

 「えっ、そうなの? やっぱりタバコ吸うんだ…。たまにお店でタバコの臭いがするからもしかして…っと思ってたんだ。」、「いやぁ、ケーキ屋とは思わなかった。白衣っぽい服きてるから、洋食屋の人かなぁ…とか。」

 「そうなんだ…。サンクスの近くに住んでるのかなぁ。」、「さぁ、オレがバイトにいる時間帯によく来るね。」 そうだったのか。ケーキ屋さんとシュンのバイト先は近いと言えば近いけど、もっと近くにタバコを売っているお店はあるよなぁ…。

 タバコ嫌いな私としてはあまりいい情報ではないけれどケーキは美味しい。今回も素敵にデコレーションしてくれて金粉までのっている。ここはどちらかというとタルトが美味しいと思っているけど、今日のバースデーケーキはなかなか美味しかった。もうすぐ私の誕生日。今度はどういうケーキがいいかなぁ。

 

| | Comments (0)

June 27, 2011

カニの電話勧誘販売に注意! トラブル多し!

Koujicyuu_2 カニ好きな人は、こんなトラブルには気をつけないと! 電話でカニの販売勧誘がある。あいまいに返事をしているとドーンとカニが届く商法。

 代引きで送られてくることもあり、代金を払ってしまうと追認した・・・っということで契約成立と考えられるので、勝手に送られてきたものにはお金を払わないで!

 勧誘に負けてつい契約してしまってもクーリングオフが適用できるので、いらないものはクーリングオフしよう。だけど、クーリンングオフしたら、現状の補償は消費者側にあるのでちゃんと冷蔵しておかないと、損害賠償を請求されることもあるので注意。

 だったらさっさと返品してしまおう! そのときもクール便で送らないと 「腐ってる!」 っと言って損害賠償を請求される可能性もあるので、着払いのクール便で送り返すのがよさそう。

 仮に事情を知らない家族がカニを食べてしまっても大丈夫。食べたものは特定商品取引法の 「商品の使用」 ではないし、民法の日用必需品でもないので返還義務はない…っと考えられる。自信を持って送り返そう!

 知らない業者からの電話による販売の勧誘にはきっぱり断るのが一番だと思うよ。  「いりません!」 っとはっきり言おう! では次回は クレジットカードの現金化トラブル です。

| | Comments (0)

June 26, 2011

貴金属等の訪問買取に注意! トラブル多し!

Koujicyuu  世の中にはどうしても悪いことでお金を儲けたい人がいる。 そのために知恵を働かせる人がいる。どうしたもんだろうか…。もっと世のため人のためにせっかくの時間と脳みそを使えないものだろうか…っと思うのだけれど。

 この時期は消費生活アドバイザーの更新講座の時期。もうすでに必要な単位はとっているので、今年は消費者関連の法律と企業経営の講座を一つずつ受講した。その中からいくつかご紹介…。

 消費者の自宅を訪問して、宝石や金、プラチナなんかを安く買い取る…っという被害が出ている。だまして安いものを高額で買わせたり、盗んだりするのではなくて、市場価格よりも相当安く買ったり、売りたくないのにお金を置いていったりする新しい手口。

 ひどいなぁ…。それより何より今の法律ではなかなか救えないのがひどい。特定商品取引法には当てはめにくいので、クーリングオフが使えないし、お金は置いていくものの名前も連絡先も分からないので交渉のしようがない…。

 中古品ということで古物営業者がかかわっていることが多いが、古物営業法は盗難品の売買などが目的なので、勝手に買い取られた消費者を救えない…。 まったく日本の法律ってのは…。

 あとは刑法の窃盗罪や強要罪を適用するか、消費者契約法を適用して救うしかないが、連絡先がわからなかったりするとどうしようもないなぁ。

 またしてもお年寄り家庭がねらわれているらしい。みんなで実家や近所に知らせてに注意をうながさなくちゃ!明日は カニの電話販売トラブル紹介です!

| | Comments (0)

June 25, 2011

今年のハウスクリーニングはささやかに…

Souji1  今年はボーナスが寂しかった…。儲かっていないのだから少なくても仕方ないが、それにしても寂しい…。家のローンに回すとほとんど残らなくなってしまった、寂しい…。

 それでもお金は天下のまわりものだし、何も使わないとストレスもたまるので予定どおりにハウスクリーニングを頼むことにした。

Souji2 だけど規模縮小。換気扇の中と周囲、お風呂の床とエプロンの部分、それとエアコンの室外機。汚れのひどくて自分じゃ掃除しにくいところだけにした。しめて47,500円だ。このくらいの贅沢はいいでしょう。

 毎回、蒸気で掃除をするところにお願いしているが、今年もきれいになった。お風呂は8年目、換気扇は3年目だったので、そろそろ汚れが目立ってきていた。お風呂は8年も経つのだなぁ。ということは洗面台とトイレも8年ということか。

 来年か再来年にはまたクリーニングをお願いしよう。そのときは少しだけ大規模にしたいなぁ。床のフローリングが寂しくなってきてるからね。

| | Comments (0)

June 24, 2011

新参者:本 加賀恭一郎シリーズ!

Hon_sinzanmono  ようやく図書館の順番が回ってきた 『新参者』。最近、毎日がバタバタで本を読む時間がなかったなぁ…。ISOの審査も終わり少しだけホッとした。だけど、次は取引先の人が監査に来る…。あー、しかも私の誕生日に来る…。

 こういう状況から逃避するには読書と映画が一番! 東野圭吾さんの本の中で好きなキャラクターがいる。それが所轄の刑事 「加賀恭一郎」。

 所轄だから本庁の刑事の陰になりながらも、どんどん事件を解決していくのが心地いい。この 『新参者』 は最初は短編シリーズかと思いきや、最後は全ての事件がつながる…っというタイプのものだ。

 読んでも読んでも加賀恭一郎が出てくる。これはファンにとっては楽しいものだ。でも加賀恭一郎シリーズは絵的に地味なせいか、ドラマや映画化の話はでていないようだ。

 私なら加賀恭一郎はどの俳優さんがいいかなぁ…っと考える。やっぱり、堤真一かな…。

| | Comments (2)

June 23, 2011

エアコンの室外機も掃除したゾ

Aircon2   もうそろそろエアコンの季節。ウチのエアコンは年代モノ。もらってから20年以上になる 「サンヨーのRaydan」 だ。古いエアコンはエネルギーをくうので買い換えた方がいい…とは思いつつ、まだまだ活躍しているのでなかなか手放せない。

Aircon1 子供達がホコリとカビアレルギーなので、エアコンは業者に掃除をしてもらっている。掃除に来ると古いのでびっくりされるが、掃除をした後は一様に、「まだまだいけますよ、このエアコン」 とか「すごいパワーありますね。」 っと言ってくれる。さすが昔のものはいい。

 今年は初めて室外機も掃除を頼んだ。さすがにキューキューを音がするようになったので気になっていたから…。どんなにか汚れているかと思ったけどそうでもない。シンプルな作りのせいか掃除も楽そうだ。掃除代は両方で1万3000円。エアコン代が少しは安くなるかなぁ。

 今年の夏は省エネがキーワード。我が家にはエアコンは1台とサーキュレーターが2台だ。どーんと来い猛暑! っと思うのであった…。

| | Comments (0)

June 22, 2011

愛(LOVE)は動詞!

Koujicyuu  疲れがたまっているので英会話教室は休もうかなぁ…っと思ったけど、やっぱり出かけた。ここの先生は在日5年ほどで、日本語もかなりうまい。

 でもクラスの時に日本語をしゃべりすぎるのがちょいと難点だけど、だんだん英語の比率もあがってきた。個人的にはチャペルタイムが好きだ。聖書の話は、異国の文化に触れる思いがする。

 そもそも人の分け方に、クリスチャンとクリスチャンでない人という分け方は普段の生活にない。今週は行動を伴わない言葉は愛とはいえない…、っというような内容だった。

 私が好きな言葉に”愛はは動詞” っと言うのがある…っというと、先生も好きな言葉で、アメリカでは歌もあるという。そうか聞いてみたいな。

 映画 『マトリックス』 では、ネオが ”愛は人間にしかない感情だ” というと、コンピューターソフトが ”愛なんてただの言葉だ” と言って自分達にもあるものだと言う。

 日本では ”愛” という言葉はなかなか重いけど、私はただの動詞として、誰にでもできるし、努力しても出来る動詞だと思いたいなぁ…。

| | Comments (2)

June 21, 2011

ジョーハツと蒸発

Gaku  出張が続いたり、ISOの監査があったりして緊張が続いていた。ふっと緊張の糸が切れたのか、疲れがどっときて泥のように眠った翌朝。

 休みの日の8時ごろ起きると夫がいない。あれっ? 仕事だっけ? っと思ってから気がついた。同窓会の会合で都城に行くと言ってたっけ…。朝の飛行機だったのか…。ちゃんと間に合ったのかなぁ。

 子供と3人で朝ごはんを食べていると長男シュンが、「お父さんいないけど、何?」、「飛行機で都城に行ったよ。夕べ、時間聞いてた?」、「いや…。」、「起きたらいないからジョーハツしたかと思ったよぉ。」 っと私が冗談で言うと…。

 「お父さんが蒸発するはずないでしょ!」 っと次男ガクが怒ったようにいう。「ごめん、ごめん、かわいい君達を置いてお父さんがジョーハツするはずないよね。冗談だよぉ。」 っと私。

 「違うよ、お父さんは蒸発しないでしょ!」っとさらに真剣に言うガク。「こいつ、お母さんの言っている意味と違う意味で言ってるよ…。」 っとシュン。「ガクちゃんが言ってるのは理科的な蒸発ね・・・。」

 という会話が朝からあった。ガクは人間が1人蒸発していく様子を想像したのだろうか。それはかなり恐ろしい光景だ。大丈夫、お父さんは蒸発しないから!

| | Comments (0)

June 20, 2011

あすか倶楽部で福島第一原発事故がわかる…

Koujicyuu_2  6月のあすか倶楽部定例会は、これまた旬な話題、福島第一原子力発電所事故の話を東京大学特任教授であり、原子力委員会委員の尾本氏を招いてセミナーを行った。

 さすがいつもは20~30人くらいの参加者だけど、その倍くらいはいたなぁ…。しかし、休日の昼間に原発の話に心をときめかせて参加している消費生活アドバイザーに皆さんって…。

 さすがは原子力委員の方だ。詳しい、技術的なことなら何を聞いても詳しい。メディアで言っている 「想定外」 とはどういう根拠から「想定外」 なのか、炉心溶融の設備的な要因は何か、今、福島第一では何をしているのか…、いろんなことが分かった。

 冷却水のリサイクルがようやく始まった。これで少しは汚染水の量がくい止められる。何しろ既にスリーマイル島の10倍もの汚染水が発生している。

 きちんと話を聞いて、むやみに恐れる気持ちは薄らいだが、福島第一原発周辺の汚染と今後の使用済み燃料の移動や溶融した燃料の回収の難しさが伝わってきた。

 正確な情報を知り、さて私に出来ることは…。

 

| | Comments (0)

June 19, 2011

足立区でLEDで節電。購入費に補助!

Ledadachi  家の照明を2箇所LEDに変えた。洗面所と玄関。次はどこにしようかなぁ…っと思っていたところに、足立区からのお知らせが!

 5千円以上のLED照明を購入すると3千円の商品券がもらえる! もちろん、区内在住で、自分が住む家…っという条件はつくけど、簡単な申請書と領収書があればOKだし、郵送もOKとある。郵送可というのはいいね。

 後はトイレの照明と廊下の照明だな。だけど2個だと5千円を超えない気がする。LEDは寿命が長いから在庫を買う必要ないしね…。

 LEDで不満なのは光が強くてまっすぐなこと。最近はもっと広がりのあるタイプも雑誌には紹介されている。量販店に行けば売ってるかな。

 申請は1世帯1回だけとある。この機会に照明をLEDにしてみよう!

| | Comments (0)

June 18, 2011

XMENファースト・ジェネレーション:映画

Eiga_xmenfirst  XMEN シリーズの誕生話。『スターウォーズ』 でいうとエピソード1 みたいなものだから、次もあるかなぁ。なくても話は続く感じだけど。

 若き日のプロフェッサーX役のジェームズ・マカウェイ目当てで行ったのだけど、ケビン・ベーコンが悪役で出ていた! うれしいなぁ。ケビン・ベーコンは私より6歳年上だけど、なかなか年をとらないように見える…っと思ったら、やっぱりミュータントだったのか…。

 映画のストーリーはいいのだけど、なんかこう、テンポが悪い気がする。なんだろう。マシュー・ヴォーンという知らない監督のせいかなぁ。時々、映画のテンポが自分とあわないことがある。この映画もそうだった。

 それと刃物類が苦手なので、そういうシーンがある映画はちょっとついていけない…。だけど、若き日のビーストや大好きなウルヴァリンが少しだけ登場するシーンや、まだ能力を制御できないミュータントたちの様子が好きだ。

 能力があってもその使い方をコントロールすることが難しいのね。私はマグニートの能力が地球上では最強なのではないか…っと思うけどね。

| | Comments (0)

June 14, 2011

ISOの審査シーズンです

今年もISOの審査の時期がやってきた! 9001と14001を一緒に審査してもらうようにしている。今年は念願の品質マニュアルと環境マニュアルを統合して、ひとつのマニュアルにした。

自己満足かもしれないけれど審査員の方からは読みやすくていいマニュアルとお褒めの言葉をもらった。と言うことは、使う側からは読みにくいのかもしれない。

まぁ、いいか。マニュアルなんてそんなものかもしれないし…(開き直った!)。審査の期限から言うと本当は過ぎている。震災の影響と言うことで日程を延ばしてもらったのだ。

明日からは環境負荷の高い工場の審査が始まる。不適合ゼロで乗り切りたいのだが…。

| | Comments (0)

June 13, 2011

仕事でも新幹線に乗れるのは嬉しい

Nagoya2   仕事で名古屋へ。楽しくはないけど 「のぞみ」 に乗って駅弁を食べるのが楽しみ。今回はお昼の時間にはちょいと早い便に乗ることに。

 それでも駅弁なのだ。東京駅で駅弁購入。おかずがいっぱいあるのが好き。お昼の時間には未だ早いけど、朝が早いので11時くらいにはお腹が空く。

Nagoya1 仕事をしたり、寝ているサラリーマンをよそに駅弁開始! 駅弁の次は名鉄に乗る。駅弁と電車。素晴らしいコンビだ。でも、仕事先ではなくて違う方面の電車に乗りたいなぁ…。

Nagoya  そんなわけにも行かず、まじめに仕事をして帰りの「のぞみ」。やっぱり駅弁。味噌カツ+他のおかずもある駅弁に決定。でもでも、駅弁のレベルは地方の名物よりも東京駅が高い! っと思っている私です。ホントです。

| | Comments (0)

June 12, 2011

3年ぶりの苫小牧で電車に乗れる!

Titose  仕事で苫小牧へ。仕事と行っても行き先は自社の営業所なので気楽。「空港まで迎えにいくよ。」、「ありがとうございます! でも電車にも乗りたいんですけど…。」、「じゃぁ、帰りに乗れば? 空港行きの方が便利だから。」

 慣れない土地で時間に追われて電車の移動はちょっとためらいがある。でも帰りならいいよね。前に来たときは気付かなかったけど、営業所とJRの駅はすぐそこだった! なぁんだ。

 苫小牧から新千歳空港までは1回乗り換えるけど、乗ってる時間は20分くらいだ。途中乗り換えの南千歳駅で15分くらいぼんやりとする。いいなぁ、緑がきれいだなぁ。こんなに近いならいつも電車でいいな。

 立派な電車であまりローカル色がないのが残念だけど、またいつか乗りたい。今度は函館空港から電車に乗って旅をしたいなぁ。新千歳空港駅に着くと向かいに小樽行きの電車が止まっている。飛び乗りたい衝動を抑えてお土産売り場へ…。

| | Comments (0)

June 11, 2011

3年ぶりの苫小牧なのだ

Tomakomai4  久しぶりに仕事で苫小牧へ。3年前は日帰りだったのだけど、今回は前泊! うふふ…。前は新千歳空港から苫小牧まで車だった。今回は是非、電車に乗りたい!

 仕事先近くの東横イン苫小牧でチェックイン。ここは夕食のカレーと朝食のおにぎり、パンが無料なのだ。コーヒーも無料だし、なかなかいいなぁ。でもおにぎりはもっと、”お母さんが握ったような”おにぎりがよかったなぁ…。

Tomakomai2 無料カレーの代わりに居酒屋 「のんき」 へ。せっかく北海道に来たのだから…っと美味しいものをみつくろってもらった。値段も安いしいいぞ!

Tomakomai3  るいべに蟹、ししゃも、ほっけ、岩牡蠣…、どれも美味しいなぁ。いつも生協の切り身ほっけだから、こういう全身で出てくると嬉しいし味も違う!

Tomakomai1  「苫小牧は冬もそんなに寒くないから住みやすいよ。」、「へぇ、何度くらいにですか?」、「マイナス10℃くらいかな。」、「えっ…。十分寒いですよ。」、「でも夏は25℃を越えることはないし、住みやすいよ。たまに雪が降って、一日で1メートルくらいはすぐいっちゃうけどね。」、「…。」

 前に苫小牧に来たときも6月くらいだった。空港から苫小牧までは白樺の新緑がそれはそれはきれい。根性がないので冬は止めにして、今度は夏に来たいなぁ…。

Tomakomai5_2   明日は北海道では初の電車に乗れる! ホントはもっとローカル線に乗りたいけど時間が無い。北海道の鉄道を制覇したい…。

| | Comments (0)

June 07, 2011

たまには親子喧嘩もするのだ

Gaku  ある晩、珍しく夫と次男ガクがケンカをしていた。といってもモチロン激しいバトルではなくて、言い争いだ。私とガクは時々ケンカをするのだが、夫が怒るのは珍しい。

 長男シュンがこそっと私のところに来て、「お父さんが怒るなんて珍しいねぇ。」っと複雑な顔をして言う。「そうだね。眠いところを起こされて機嫌が悪かったんだよ、きっと。」 夫は普段は優しく、理性的なのだがお腹が空いているときと、眠いときは理性が崩れて機嫌が悪くなることがある。

 夫もガクもお互いの言い分を譲らないので全く平行線のままだ。だいたい一卵性親子なのだから、お互い自分の主張がぴったり合うか、相容れないかどちらかなのだろう…。

 感情が高ぶるとすぐに泣いてしまうガク。寝る直前まで泣きながら自分の正当性を私にも主張していた。「ボクは自分がまちがってるなんておもってないから!」

 翌日もぎこちない二人だが、なんとなく、なんとなく仲直りしていくのだろう。二人がケンカしていると何とも言えない寂しい気分になる。シュンはたびたびこういう思いをしているのだろうな…っと思うと、もうガクとケンカするは止めよう…っと真剣に思うのだ。しかし…。

| | Comments (0)

June 06, 2011

ベランダで朝顔作戦

Asagao  ゴーヤーの準備が遅れているが、先に朝顔の芽が出た。

 今年は朝顔も植えるのだ。これは、ツルを下に落として鑑賞するタイプ。

 たぶん種類は同じなのだろうけど、ポットが違う。

 ツルが伸びたらポットを吊り下げるのだ。するとツルと葉が下に垂れて花が咲く…っというもの。

 ゴーヤーとトマトもいいけど、ぶどうにしようかな…なんて思っているうちに時間が過ぎていく…。

| | Comments (0)

June 05, 2011

梅雨だけどいい天気の運動会

Undokai  次男ガクの運動会は天気がいい。今年もいい天気だろうなぁ…っと思ったが、やっぱりいい天気。帽子に眼鏡、腕カバーで紫外線を防止! なんとか日焼けはまぬがれた感じ。

 中3男子の見せ場は組み体操だ。最近、背が伸びたとはいえ細身のガクは、ピラミッドは真ん中あたり。体操服のゼッケンも取れちゃうくらい、練習はなかなか厳しい。

 ピラミッドも全クラスで大成功。予行では失敗続きだったそうな。たくさんの拍手がおこる。だけど、ガクのピラミドッド姿は後ろの方のせいで、よく見えなかった…。小学校はおチビさんが前だけど、中学では大きい子が前だ。

 ようやく身長160cmを超えたガクはまだまだ小さい方。小さい子を前にしてくれればいいのに…。高校に行くと学校によっては親の観覧がないところもある。ガクのいくとことはどうなんだろう。

 もしかしたら最後の運動会だったかも。白組は総合準優勝、クラス別も準優勝。マーチング(入場行進)は白組が優勝。3つとも賞をとったという、素晴らしい成績だった。よかったねぇ、ガクちゃん…。

| | Comments (0)

June 02, 2011

教会で英会話教室って…

Koujicyuu  近さと値段に惹かれて春から教会の英会話教室に通っている。週1回、2時間で月7000円。いいでしょ。布教活動の一環だから、先生は宣教師。

 4月から在日5年の楽しい女性の先生になった。日本がうまいのだ。授業中も8割は日本語じゃないか?っという気もする。「にほんご、しゃべりすぎてたら、 in english please! って言ってね。」 っと日本語で言う…。

 仕方がないので私は無茶苦茶な英語で話しかける。先生は日本語で答える…、みたいなことも多い。2時間クラスの中で15分はチャペルタイム。

 4月、5月は「Create in me a clean my hart」 を歌ってから聖書の勉強。私はクリスチャンじゃないけど、キリスト教には若干の興味があるのでチャペルの授業も楽しい。

 それに殆どお話したことないけど牧師さまはなかなかのイケメン(不謹慎ですみません…)。今の初級コースは半年コース。半年経ったら中級コースに移れるかな、上達して移りたいなぁ。

| | Comments (0)

June 01, 2011

アジァストメント:映画 マット・デイモンとエミリー・ブラント素敵…

Eiga_adjustment  フィリップ・K・ディック原作でマット・デイモン主演であれば見に行かない理由はない。この日は御茶ノ水の明大でTOEICを受けた。終わって新御茶ノ水駅に着いたのが3時半。

 映画は4時から。間に合うか!予告があるから、きっと間に合う! 大丈夫! っと言い聞かせながら電車に乗る。スムーズに最寄の駅へ。映画間へ着くと、エレベーターが来ている。

 省エネで一基止まっているから、待つことが多いのに、偶然か? アジャストメント(調整)か?なんて、運命を感じながら席に着くと同時に映画が始まる。あぁ、マット・デイモンさまぁ。

 SFなんだけど、しっかりラブストーリーになっていた。いいなぁ、こういうマット・デイモンも。相手役のびっくりするほどきれいな女優さんが誰だか思い出せない…。

 エミリー・ブラント! そうか、『プラダを着た悪魔』 でちょっと厳しい先輩アシスタント役の人だ。あの時とは別人のように色っぽいし、ミステリアスな感じだし、ダンスもうまい!

 人類のためにと定められた運命も二人が出遭う運命には逆らえなかったのだよね。いいねぇ、こういうラブストーリー。

| | Comments (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »