« 誕生日ケーキで分かったこと… | Main | クレジットカードのショッピング枠の現金化でトラブル! »

June 29, 2011

鹿男あをによし:本 今度は奈良でありえないシリーズ

Hon_sikaotoko  映画 『プリンセス・トヨトミ』 を見たので原作者の万城目(まきめ)学さんの本をいくつか読んでみた。これはありえないシリーズの二つ目。一つ目は京都の 『鴨川ホルモー』。

 二つ目がこの 『鹿男あをによし』 で奈良。『プリンセス…』 は3番目の大阪の話だった。京都の 『鴨川…』 は子鬼を大学生同士が対決させる…っというありえない話。『鹿男は…』 は女子高の先生が奈良公園で鹿に話しかけられるありえない話だ。

 面白い…。地震の起こるわけや、人類の文明がいかに文字にたよっていたことがわかる。それにしても 万城目さんの本はさわやかな戦いのシーンがいい。今回も剣道で女子高生が戦うシーンは本当に手に汗握り、しかもさわやかなのだ。

 舞台が学校でしかも先生達をあだ名で書いているので、なんとなく夏目漱石の 『坊ちゃん』 を思い出した。するとちゃんと 『坊ちゃん』 の話が登場してニヤリ…っとさせられる。

 幻冬舎文庫で読み終わると解説欄は俳優の児玉清さんだった。先日、なくなった大好きな俳優さんだ。たいそうな読書家だったと追悼の記事で読んだ。

 こういう小説も楽しんで読んで解説まで書かれていた。文章も素晴らしい。小説と解説で二度楽しめた。是非、ありえないシリーズとして3冊まとめて読んでみて!

|

« 誕生日ケーキで分かったこと… | Main | クレジットカードのショッピング枠の現金化でトラブル! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 誕生日ケーキで分かったこと… | Main | クレジットカードのショッピング枠の現金化でトラブル! »