« 美しい夏コバヤシ・イン・ミヤザキ(温泉へ) | Main | 美しい夏カノヤ・イン・カゴシマ2 »

July 27, 2011

美しい夏ミヤコンジョ・イン・ミヤザキ

Miyakonjo1  都城は地元では 「みやこんじょ」 と発音する。宮崎に立ち寄った際は是非、「みやこんじょ」 と発音してみてください。ツウです。

 学生時代に卒業研究でお世話になった先生に会うため鹿屋に行く前に都城へ。すると、先輩が一席もうけてくれることになり 「川声」 というお店で素敵な歓迎会を開いてくれました。嬉しい…。

 いっぱい、食べて、いっぱい飲んで(ウーロン茶)、その日はビジネスホテルで一泊。ナント、私が学生時代はナカムラと言うデパートだったのに、商売換えして 「メインホテル・ナカムラ」 というビジネスホテルになっている。でも、建物はデパートのままなのだ。話のネタに泊まってみてください。

 翌日、鹿屋に向かう前に少しだけ立ち寄りたいところがあった。それは、旧都城市民会館。この建物は不思議なデザインなのだ。でも老朽化してもう、使われていない。デザインが珍しいので壊さずに保管しておこう…っという声もあるそうな。どうなるのかなぁ。

 ちなみに数年前まで、上野公園近くにあった変な形のホテル(フランス系のちゃんとしたホテルだったらしい。)と同じ設計者らしいです。特徴的なデザインですねぇ…。

|

« 美しい夏コバヤシ・イン・ミヤザキ(温泉へ) | Main | 美しい夏カノヤ・イン・カゴシマ2 »

Comments

国分せんせい??だっけ???

Posted by: しろ | July 27, 2011 at 12:33 PM

しろさん、こんにちは。毎日暑いのに走ってすごいね。私は2km位なら通勤を利用して歩いてるけど、そろそろ暑くて限界かも。
先生は、そう国府先生。美人の奥様も一緒にでした。先輩が経営している会社に研究室があってそこも見てきました。すごいよぉ。

Posted by: ふさ | July 27, 2011 at 11:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 美しい夏コバヤシ・イン・ミヤザキ(温泉へ) | Main | 美しい夏カノヤ・イン・カゴシマ2 »