« 池袋のアムラックスはなかなか楽しい | Main | 黒砂糖菓子、黒棒がまた食べられなかった »

January 23, 2012

ALWAYS 三丁目の夕日'64:映画 堤真一いい・・・

Ts3r04470001
 山崎監督、主演(だと思っている)堤真一とも1964年生まれ。私も64年生まれだ。運命感じるなぁ。とかなんとか理由をつけて見てきました。

 この茶川家の淳之介くんと鈴木オートの一平くんが大きくなっていた。嬉しいなぁ。シリーズもので子供が成長していく姿をみるのは嬉しい。

 3Dで見るまでもないと思って2Dで見たのだけど、やっぱり鈴木オート(堤真一)がゴジラ化するシーンとご飯粒を口から飛ばすシーンはやっぱり3Dで見たかったなぁ。

 今回、高校生になった淳之介くんの学生服姿が次男ガクに良く似ていて、ちょっとドキッとしてしまった。こうして親元から離れて行くのも時間の問題だなぁって。

 次の三丁目も見たい。住人達のその後が気になって仕方がない。個人的にはとても気になっているのが元氷屋さん。今回は自販機の番人になっていた。次は何屋さん?


|

« 池袋のアムラックスはなかなか楽しい | Main | 黒砂糖菓子、黒棒がまた食べられなかった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 池袋のアムラックスはなかなか楽しい | Main | 黒砂糖菓子、黒棒がまた食べられなかった »