245 entries categorized "映画・テレビ"

January 27, 2012

コレから見る映画情報

Ts3r04500001
 これから見たい映画はなんだろう。映画好きな割に情報にうといので、映画館での予告とチラシが頼り。

 2月にいよいよ「ドラゴン・タトゥの女」が始まる。007のダニエル・クレイグが出るので今から楽しみ!
 
 3月は「マーガレット・サッチャー」。メルリ・ストリープが鉄の女サッチャー役かぁ。あまりにもはまり過ぎ・・・。見たい。

 そして4月はTVドラマででなかなか面白かった「スペック」。戸田恵梨香がなかなか好きなのだ。

 もうひとつ4月は「HOME」。おもしろいかどうかは不明だけど、水谷豊が出ている。見ておこうかな。


| | Comments (0)

January 23, 2012

ALWAYS 三丁目の夕日'64:映画 堤真一いい・・・

Ts3r04470001
 山崎監督、主演(だと思っている)堤真一とも1964年生まれ。私も64年生まれだ。運命感じるなぁ。とかなんとか理由をつけて見てきました。

 この茶川家の淳之介くんと鈴木オートの一平くんが大きくなっていた。嬉しいなぁ。シリーズもので子供が成長していく姿をみるのは嬉しい。

 3Dで見るまでもないと思って2Dで見たのだけど、やっぱり鈴木オート(堤真一)がゴジラ化するシーンとご飯粒を口から飛ばすシーンはやっぱり3Dで見たかったなぁ。

 今回、高校生になった淳之介くんの学生服姿が次男ガクに良く似ていて、ちょっとドキッとしてしまった。こうして親元から離れて行くのも時間の問題だなぁって。

 次の三丁目も見たい。住人達のその後が気になって仕方がない。個人的にはとても気になっているのが元氷屋さん。今回は自販機の番人になっていた。次は何屋さん?


| | Comments (0)

January 15, 2012

ROBO-G ロボジー:映画 濵田岳いいねぇ

Ts3r04420001
 矢口監督の映画は好き。こういう楽しい日本映画好きだなぁ。「ハッピーフライト」とかね。今回は最近、気になるというか勝手にお気に入りにしている濵田岳くんと吉高由里子さんが出ているし、前から好きな和久井映見さんなどなど好きな俳優さんが出ているのでとても楽しみ!

 予想通り楽しい映画だった。だけど、中に入っているのがおじいさんだとバレたらハッピーエンドで終わらないのでは・・・っととてもハラハラしていた。だけど、ちゃんとうまくまとまったぁ、よかったぁ。

 本物のロボットも出てくるのだけど、コスプレ大会で突然、”ダンボー”が出てきたのでびっくり、ウチにも長男が買ったフィギュアがあるけど、案外ファンがいるんだなぁ・・・。

 しかし今年は理系のきれいなお姉さんが流行りそうかな、流行るといいなぁ。

| | Comments (0)

December 26, 2011

リアルスティール:映画 モーションキャプチャーいい・・・

 Ts3r04090001
 ヒュー・ジャックマンがなかなか好きなので見に行った1本。予告も面白そうだった。人間が闘うボクシングの代わりにロボットが闘う世界が来るなんて! 賛成です。ボクシング苦手なもんで・・・。

 いやぁ、面白かったなぁ。ストーリーは自分の夢のために捨てた息子を今度は死んだ妻の妹夫婦に親権を売って、そのお金でまたロボットを買う・・・っというまぁ、博打にのめり込んだおっさん(?)が、ロボットとの闘いをとおして息子との関係を取り戻して行く・・・っという話。

 予想どおりの展開なのだけど、子役マックス役ののダコタ・ゴヨとその相棒ロボットのアトムがとてもいい。シャドー機能のついた古いロボットながら、人の動きをぴったりとシンクロさせるのがいとかわい。

 日本や日本人ネタもあるので、それもまた楽しいところ。だけど、日本人はロボットに「極悪男子」なんて漢字でペインティングはしないだろう・・・。

 ちょっと意外だったのがボクシングがロボットに取って代った訳。私はてっきりボクシングは体に悪影響有り! っとして未来の地球では禁止になっているのかと・・・。でもそうではなかった。それはちょっと残念。


| | Comments (0)

December 20, 2011

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル よかったぁ!

Ts3r04020001
 あんまり好きな俳優さんではない・・・っと散々言いつつかなりトム・クルーズの映画は相当見ている。M:i:4 はこのシリーズの中で一番良かったんじゃないかなぁ。

 最初っから最後まで飛ばしっぱなし。とにかくずっとアクションでドキドキ、ところどころロマンス、そしてあちこちで笑いが入っている。

 私はトム・クルーズはコメディーが似合うと真剣に思っているのだけど、やはりイメージがあるのでそうもいかないらしいが、この映画では真剣なシーンなのに少しの笑いがとれるようなしかけがある。

 脇の俳優さんがいいからできるのだろうな。映画『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーがなかなかいい。こういう真剣な眼差しで笑いが取れる人は好きだ。

 前作よりも髪も長くして、ちょっと前のかっこいい路線のトムに戻した感じ。是非、もう一度みたい1本!

 

| | Comments (0)

December 13, 2011

RAIL WAYS:映画 三浦友和 いい・・・

Ts3r03910001
 百恵ちゃんのドラマの相手役の頃はそんなに好きではなかったのだけど、映画『台風クラブ』を観てから断然好きになった俳優さん、三浦友和。

 今回は定年前の電車運転士の役。定年後は妻と旅行にでも・・・っと考えていたのに、妻は看護師として働きだした。そういいことが全く理解できないという役。

 映画館は定年前後のご夫婦だらけ。そうだよね、片方が50代だと一人1000円で映画が観られるのだから。いいな・・・。うちは同級生だからまだちょい先だな・・・。

 映画の内容もいいのだけど、富山の地方鉄道が舞台なのがいい。私がまだ学生の頃、富山の大学にいる姉を訪ねたことがある。その時初めて「地鉄」なるものがあることを知った。

 プチ鉄子なので電車に乗るのが好きだ。この富山の美しい風景の中を走る2両列車を見ていると、乗ってみたくてしかたがない。チューリップの咲く季節に乗れたらいいね。

 映画の登場人物もいい役者さんがそろった。鉄道ファンはもちろんだけど、やっぱり中年の夫婦が見るのがいいね。

| | Comments (0)

December 12, 2011

源氏物語 千年の謎:映画 

Ts3r03880001
 『SP』シリーズでかっこいい女性SP役の真木よう子さんが出ている・・・っというので見にいった1本。しかも役どころは光源氏が慕う藤壷、桐壺(2役)というから想像ができない!

 だけど真木さんはちょっと前の映画だけど『サマータイムブルース』という楽しい映画で女子大生役をしていた。そのイメージとSPのイメージもまったく想像つかなかった。

 今回『源氏物語』の時もまったく違うイメージ。美しい! 役者だなぁ。もうひとり楽しみなのは東山紀之くん演じる藤原道長。東山くんは、この時代の衣装が実に似合う。

 で、肝心の映画は・・・。ちょいと眠くなってしまった。式部が筆を運ぶ時代と物語が交錯するというストーリーはとてもいいのだけど、なんかテンポがあわなくて困った。

 この時代の歴史にもっと明るい人ならば、違う楽しみ方があったのかもしれないが、もっと源氏の女性遍歴を映画の中で見せてほしかったなぁ・・・。


| | Comments (0)

November 20, 2011

新少林寺:映画 ジャッキー・チェンだぁ!

Ts3r03800001
 アンディー・ラウも好きだが、ジャッキー・チェンとは比較にならない。なんたって私は中学時代からの長い長い間ファンなのだ。

 1982年のジェット・リー主演の「少林寺」のリメイクだ。今回は本物の少林寺も協力しているというから正確さが増している。

 だけどR12指定とあるので、なんとなく嫌な予感がした。刃物を振り回したりして私の苦手なシーンが多い。ジャッキーが出るのだからR指定でないような映画にしてほしかったなぁ・・・。

 まぁ、主演はアンディー・ラウだからね。当初、ジャッキーの出番は台本に台詞も載らない程度の特別出演だったらしいが、急遽、スケジュールを都合して1週間分でジャッキーの出番分を撮影したとか。

 予想ではアンディーを鍛える師匠役かな? っと思っていたのだけど違った。厨房係かぁ。でもいい役だった。R指定なだけあって全体に暗いのだけど、ジャッキーのシーンだけはパッと明るく、笑いが起こる。

 さすがだな、ジャッキー。今後、ますますカンフー映画のオファーが増えることと思うけど、まだまだ主演でいってもらいたいなぁ。

| | Comments (0)

November 16, 2011

これから見たい映画は・・・その2:洋画編

Ts3r03780001
 邦画もいいけどやっぱり洋画も好き。アジア映画は洋画とはいわないのかな・・・。楽しみで仕方がないのが「新少林寺」。

 なんたってジャッキー・チェンだもん。アンディー・ラウが一応主演なのだろうけど、やっぱりカンフー映画はジャッキー・チェンなのだ。

 「ベスト・キッド」でお師匠さん役を演じたことで、こうなる展開は予想できた。これまでのジャッキー映画のお師匠さん役を全部、ジャッキーでリメイクするのだ! できれば、主役扱いの脚本に変えて欲しいなぁ。

 もう一つ楽しみなのは「ミッション・イン・ポッシブル」。前回のでシリーズ終わりかなぁ、と思っていたのだけど5年ぶりに復活だ。髪型もちょいと若い頃に戻ったような感じにしたね。確かにこっちの方が似合う。

 だけどトム・クルーズは絶対、コメディーの方が似合うと思うのだ、私は。ぜったい行けるとおもうのだけどなぁ。


| | Comments (0)

November 15, 2011

これから見たい映画は・・・その1:邦画編

Ts3r03770001
 いろいろあって最近、映画を見るペースが減ってしまっている。いくつか見逃している映画もあるけど、これからみたい映画もいっぱい。

 なんとなく楽しみにしているのが「ロボジー」。監督・脚本は「ハッピーフライト」の矢口史靖。ロボットの中にじーさんが入って動いている。面白そうだなぁ。俳優さんも好きな濵田岳、由高由里子、和久井映見とそろっている。

 それから「ALWAYS」。これは3丁目の住人になりたいくらい好きだ。目当ての俳優さんは堤真一と三浦友和、薬師丸ひろ子もいいね。

 もうひとつ三浦友和主演の「レイルウェイズ」も気になる。定年間近の鉄道マンの役だ。その奥方にこれまた好きな余貴美子。いいねぇ。

 それと「はやぶさ」。なぜ、こんな近いタイミングで二つの映画を作るのか不思議だけど、今度のは渡辺謙主演だもんね。それだけで嬉しい。

 最後に「源氏物語」。中谷美紀、東山紀之、真木よう子が出るとなるといいね。しかし、ちゃんと中身のある映画に仕上がっているといいのだけど・・・。豪華俳優と豪華衣装で力尽きるときもある・・・。

 まずは「ロボジー」が最初だな。前売り買わなくちゃ!


| | Comments (0)

より以前の記事一覧